若いお花見?大人なお花見?

大学生の頃のお花見は、ビール片手にひたすら男子たちが騒いでいました。噴水に飛び込んだり半裸になったり・・。私達も「サイテー!」なんて言いながら楽しんでいたんですよね。けれども、社会人のお花見を経験したら「大人って良いかも」なんて思っています。

会社で花見の話が出た時に「新人が場所取り!」とドキドキしていたんですが「場所取り?室内だからしなくて良いよー」との返事。場所取りが好きな私としては、ちょっとガックリしました。「しかも室内なんて花見じゃないじゃん!」とも思いましたね。

当日。「行くよー」と言われ乗ったのは、課長が用意してくれたマイクロバスです。ビックリしつつ到着したのは、課長の持っているちょっと郊外の別荘。「ここで始めるよー」と言われて通された2階からは、見事な桜が見えました!

それからは課長が頼んでくれた有名店の惣菜などを食べながら(美味しかった!)、ジャズをBGMに聴きつつ思い思いに歓談。課長がカクテルを作ってくれたり、会社のビジョンなどをみんなで語ったりと、クラクラしそうなほどに大人の世界を堪能させてもらいました。

大学生みたいに馬鹿騒ぎすることも無いしテンションがマックスになるわけじゃありません。だけど、仕事仲間と贅沢な時間を過ごせるなんて最高の経験が出来て幸せでしたね。またあんな花見をしたいなあ。

優しが暖かい

とても優しくて穏やかな私の彼氏。気が荒く派手な感じの私と違って、いかにも草食系男子な外見と中身で大好きです。けれども、時々「あれ?」という優しさに戸惑うことも・・。

特に「それは優しさとは言えないのでは・・」と思うのが、バイキングの時。よく食べる私達はバイキングデートが多く、近所のバイキングレストランはほぼ通い尽くしているんです。

バイキングの時、私は自分が好きな物を取って自由に過ごします。一方、彼氏はまず2人分のお箸やお茶をテーブルに持ってきてくれるんです。それはすごく嬉しいし助かるんですが・・。お料理は別々で取らせて欲しい!

肉や魚やスイーツが好きな私です。とてもバランスが良いとは言えないチョイスなのは分かってるんです。だけどバイキングの時くらい好きに食べたいんです!それを彼氏は「野菜も食べなきゃダメだよ」と煮付けやサラダをどっさりと取ってくるんですよね。そしてその中から、私の取り皿に入れてくる。たまりません。

バイキングはそれぞれのチョイスで楽しもうよ!と提案したこともありますが「そうしたら野菜は食べないでしょ?」と、穏やかに、でも引きません。いつも思うんですが、これって優しさじゃないですよね?好きに取らせて欲しいのに困っているんです。

ミネラルを取り入れるならグリーンスムージーできまり

友達から久しぶりに連絡が来てあってみることになった。友達は昔とすごく変わっていた。もちろん中身は変わっていない。変わっていたのは外見である。
簡単に言うとすごく太っていた。なぜだろう。あんなにスポーツを必死でやっていたからこそリバウド的な感じかな?

色々と彼女の私生活を聞いてみると朝起きる時間もバラバラだし、
それに寝る時間も遅い。ポテチを朝飯代わりに食べているらしい。

確かにやばいな。ってことで一応おすすめをしていたのは、
ミネラル酵素グリーンスムージー 口コミ情報である。

確かに今の現状を変えるには何かもっと大切なモノがいるような気もするが、それ以上に何かをする行動力が必要だ。

早速友達の昔の写真を見せてあげるとすごくやる気になっていた。
ダイエットの原動力は人それぞれだけどすごく大きのは過去の自分に戻りたいと強く思うこと。

それを達成するには細いイケてる自分を見るしかない。

後は太っている現実を受け止める。

現実を受け止めないと始まることがない。

漫画でもいつも書いてあるけど、己を知ることが強さである。

またかっこつけた文章になったなw

なんか話をしている感覚でブログを書いてみると私って結構ナルシストかもしれない。でも気がついているだけましと考えるべきか。

いやはや私は明日も仕事だから今日は早めに寝ようとしよう。
ツイキャスなんてしている場合じゃないことは間違いない事実である。

ストップウォッチの時間感覚でブログを書いてみることにしたけど、気分転換になってちょうどイイね。

それなら自分で作れ!

新婚の友達が「もう料理なんてしたくない!」と爆発寸前です。なんでも、旦那さんが毎日のように「辛すぎ」とか「盛り付けが雑!」なんてケチをつけるそうです。

しかも共働きだから夕ご飯は交代制にしてるのに、自分は「君が喜ぶと思って」なんて言いながら惣菜ばかり。友達には「君の手料理を食べたくて結婚したんだ」と出来合いは許さないそうです。抗議したら「じゃあ別れよう」となる。うーん、ジャイアンですよね!私ならサッサと・・いえ、軽々しくは言えませんが。

その話を聞いてたら、昔の彼を思い出しました。手料理にケチをつけることは無かったんですが、デートなどで外食に行った時がうるさかった!「これで2千円?コスパ最悪だなー」とか「家で作れるレベルだよねこれ。不味くない?」とか文句ばかり。けれども店員に対しては愛想が良いんです。「美味しかったですよー」なんてニコニコしてて、その二面性が怖くなり別れちゃいました。

人様が作ってくれた料理にケチをつけることは失礼な気がします。アドバイス風に言うのならともかく「文句を言わないと気が済まない」という感じに思えて周りがウンザリするんですよね。特に友達なんて、心を込めて作った料理をけなされて可哀想です。舌は肥えてるかもしれないけど、人の気持ちが分からない心の貧しい人達ですね。

スマホ依存から抜け出せそうです

通学途中や食事中など、スマホばかり見ていました。ひどい時なんて大学の講義中にも開けちゃうことがあって、自分でも「スマホ依存症だなー」と思うんですよね。だけどやめられない自分がいました。

けれども今は、ほんのちょっとだけ依存症から離れられる気がしてるんです。

この前実家に帰ったんですが、毎日バタバタと過ごしていたためか実家にたくさん忘れ物をしてアパートに戻っていました。その中にスマホがあったので「送って!」と電話をすると、母から「スマホばっかり見てないで勉強しなさい!連絡なら固定電話があるでしょ!」と説教されたんですよね。「友達やバイト先との連絡が取れなくなるから困る!」と泣きついたらなんとか送ってもらえるようになったけど「忙しいから後日ね」で終わり。

母があんなにスマホばかり見てる私の態度に怒ってたなんて・・。「気付かなかったけど、もしかしたら他の人にも不快な思いをさせたのかも」と反省しました。だから、スマホが戻ってからも極力見ないようにしています。今はアパートにいる数時間だけ。

スマホから目を離すと、色んな景色が見えるから面白いんですよね。画面ばかり見ていた時には分かりませんでした。スマホを見たら、色んな情報が見られます。でもそれって、不要なものもたくさんなんですよね。無駄な時間を過ごすより、色んなことに目を向けたいと思い始めています。